コンテンツへスキップ →

ギャラリートーク「写真+助詞」I 馬場智行×調文明(写真史研究・批評家) 6月24日(土)15:30〜

1回目はゲストに写真史研究・批評家の調文明さんをお迎えします。雑誌やウェブ等で写真批評や写真論を寄稿し ている調さんは、文章の中で現代の写真をめぐる状況の中で立ち上がるべき批評があると語っています。展示作品 の読み解きを基に、写真自体の本質へアクセスを試みます。

調文明 プロフィール 1980年、東京生まれ。写真史研究/写真批評。NPI講師。『アサヒカメラ』『日本カメラ』『写真画報』『PHaT P HOTO』『STUDIO VOICE』などで執筆。論文に「A・L・コバーンの写真における都市表現――三つのニューヨ ーク・シリーズを中心に――」(『美学芸術学研究』東京大学美学芸術学研究室、2013年)、「御真影と『うつし 』」(展覧会カタログ『かげうつし――写映・遷移・伝染――』京都市立芸術大学@KCUA、2013年)、「ジェフ ・ウォール――閾を駆るピクトグラファー」(『写真空間4』、⻘弓社、2010年)など。

カテゴリー: 未分類

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です